自分にガッカリ

「ハセツネ」日本山岳耐久レース 長谷川恒男CUPトレイルランニングの草分け的な大会。71.5キロこの距離は何度か経験あるので何とかなるかと甘い考えでエントリーしたんだけど大失敗をしちゃってリタイアでした。第一関門クリアーして暫く行った所でマヌケなことにハイドレーションの水をこぼしちゃって・・・チ〜〜ン。
このレースはエイドステーションとか一切無くて水1.5Lの補給が一カ所だけなんです。食料とか必要な物は自分で担ぐのです。真っ暗な山道でこの先20キロ近くも水無しなんて・・気持ちが切れちゃいましたぁ
でも夜中の山の中はリタイアするのも大変でしたぁぁ

P1020237.JPG P1020243.JPG P1020257.JPG P1020259.JPG P1020261.JPG

登録作業

会員の方々からお預かりした資格登録費などやっと集計が終わって本日昼休みに都連に払い込んできました。
新年度最初の煩雑な事務作業が終わってホッ!次はパンフ作成とそれら発送作業。10/31発送予定です。お楽しみに!!

NEC_4096.JPG

記録集

秋田ウルトラマラソンの記録表が届きました。12:35;32去年より5分くらい遅かった。このレース完走率が厳しくて今回は54.9%だそうです。
毎年のレース結果でも完走率は約半分。完走した人で中ぐらいの順位が12時間あたり?30分以上も縮められるかどーかだけど??次回は狙ってみたいよーな。

この大会は何となくノンビリでICチップもないし途中のスプリットタイムもなしゴールでゼッケンに付いてるバーコードで集計。エントリーも未だに現金書留のみの受付だし。でも年賀状や受付案内に手書きのコメント書いて送ってくれたりいい味出してる大会なんです。

NEC_4089.JPG

秋の花

めっきり涼しくなってきました。お彼岸の頃には彼岸花。次にコスモスが咲き始めて体育の日が近づくと金木犀。いいにおいです。

NEC_4058.JPG NEC_4070.JPG NEC_4073.JPG

気分

家でも会社でも居心地のいい場所ってあるんです。今日は人恋しい気分です。

NEC_4069.JPG

水曜日のネコ

??ビール売り場に並んでるしジュースではないはず?
思えないパッケージなんだけどホッと一息爽やか癒し系でありましたぁ。

NEC_4044.JPG

落選

12年に走れてはいるんだけど・・・
10倍以上の競争率・・・
なかなか当たりません

NEC_4057.JPG

2013秋田ウルトラマラソン

4時30分スタート!角館から鷹の巣まで100キロ長い一日のはじまりです。作戦は50までは登りもなるべく走ってキロ7分で。後半は平と下りは絶対走ってキロ8分で12時間30分。

いよいよスタート。雨上がりでムシムシ例年より暑くなりそうです。

P1020127.JPG

夜明けてダンダン陽射しが強烈になってきます。37キロの上戸沢エイドで6~7分休憩して大覚野峠の登りに備えます。
5キロ表示毎にチェックしながらココまでは予定通り9時前に到着。順調です。
この先は50キロ地点の阿仁比立内まで5キロの峠登りと7キロの激下りを10時半に着ければ完走もみえてきます。(その先も長いけど・・)
エイドはどこも水/スポーツ飲料/果物/おにぎり/パン/漬け物/塩などでお腹減ることはありません。

P1020145.JPG P1020141.JPG

秋晴れの峠道を登ります登ります。苦しいときこんなエイドを遠くに見つけたら走れちゃうんです。(老眼だけど遠くはよく見える!)

P1020147.JPG P1020149.JPG P1020151.JPG

50キロ地点松橋GSに5分ほど貯金できて到着。いい感じです!15分休憩と決めて補給しながら日影でゴロンと横になります。後半はキロ8分で20分余る計算?(計算間違いしてませんよーに)

P1020167.JPG

途中に秋田名物ババヘラアイス発見。食べながらコスモスと綺麗な景色観ながら走ります。

P1020180.JPG P1020183.JPG

最後の難関は両脇田んぼの直線道路。遥かかなたまで見通せて辛いけどココをクリアしてしばらくすると残り10キロ。

P1020188.JPG P1020193.JPG

一日中走って西日浴びながら余裕の自分の影撮り。ゴールではこんな大きな太鼓で励ましてくれます。12時間35分位ほぼ予定通りでゴーールできたのでした。

P1020213.JPG P1020218.JPG P1020220 のコピー.JPG

2013秋田ウルトラマラソン 秋田内陸で

この大会4回目になります。秋田内陸縦貫鉄道に沿って100キロ長閑な沿線を今日は二時間半で走ります。明日は自力で13時間かけて走ります。
「あまちゃん」の北鉄は海沿いだけどこっちは山の中。だけど単線/ワンマン/ディーゼル車で何となく似てるし一度も乗ったこと無いのでチャレンジです。なのでゴールの鷹の巣に深夜高速バスで現地入りしてコース観ながら電車でスタートの角館へ。

P1020033.JPG P1020037.JPG P1020042.JPG
 
単線なので途中に対向車の待ち合わせがあったり田んぼアート?何カ所も観れたりいいもんです。ディーゼル電車ってエンジンの音が以外にうるさいけど直に慣れました。

P1020054.JPG P1020058.JPG

阿仁の山奥で赤い綺麗な鉄橋は毎回観てたんだけど電車からはコースの緑の橋が観れました。

P1020063.JPG P1020171.JPG

一輛なのに秋田美人の車内販売さん付きっきりではビールやつまみ飲み食いしてるうちに角館へ。

P1020069.JPG P1020073.JPG P1020080.JPG

午後は選手受付すまして温泉入って旅館で明日に備えてごろごろして早寝ます。

P1020116.JPG
レースへつづく

涸沢穂高 最終日

3000mの山小屋で朝起きたら頭痛とムカムカ感&食欲なし。高山病の症状で動くのも辛いぃぃ(泣)ヒマ友はいたって元気元気で良かったです。稜線はガスって何も見えないしヨタヨタ支度して降りたのでした。途中転んで危なかったけど何とか涸沢に降り着いたのでした。

P1010942.JPG P1010982.JPG P1020010.JPG

後はひたすら五時間近く景色観ながら上高地まで。穂高稜線からの景色はガスで観られなかったけど楽しい三日間でした。今度はテント泊でやってみたいです。

P1020024.JPG
Calendar
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99