ゼッケン通知

早々と来ました。9月後半のレースなのに。しまい忘れが心配です。

DSC_0287.JPG

チュンナプ

ゴールデンウイークも終わりベラークさんにチュンナップお願いしてます。この時期はサマーセールで割引料金なので大助かりです。
残雪期とかシールつけてるのでそのまま岩や土や藪の中など雪が切れていても少しの距離ならスキー脱がずに歩いちゃうので傷だらけなんです。

DSC_0211.JPG

シーズン終了

2016シーズン総まとめの理事会やりました。異常な少雪でしたが予定行事は何とか滞り無く無事故で終えることが出来ました。次回からは来シーズンへ向けての準備になります。
二次会は中華料理で乾杯でした。

DSC_0177.JPG

誕生日

仲間に祝ってもらいました。ありがたいことです。
いい歳です・・自覚しないと・・・リセットして頑張らないとです。

FotCreated.jpg FotorCreated.jpg

槍ヶ岳BCski 滑降編

5/5
槍ヶ岳山荘(3080m)一晩中風の音と小屋全体が揺れてる感じ。朝起きたら雲の中&強風。せめて視界が無いことにはスキーもつまらないし第一危なすぎなので停滞決定!!
そうと決まれば山小屋のゴロゴロはノンビリできます。明日に期待してお酒飲んで話して本読んでビデオ観てグダグダ生活を楽しみます。

DSC_0044.jpeg DSC_0074.JPG

夕方になると風は相変わらずだけど視界はクリアーに。写真撮りに外に出たけどまともに立ってられない程の風。

DSCF2139.JPG DSCF2140.JPG DSCF2144.JPG

夕陽綺麗だったけど西風真っ正面でゴーグル無しでは目を開けてられない程でしたぁ。

DSCF2159.JPG

5/6
待った甲斐が有りました。高曇りだけど視界良好。風も昨日よりは弱まっていたので雪が緩むの待ってドロップインします。
穂先は氷と岩のミックスでスキー靴では私には危なそーなのでパス。(緩むの待ってると遅くなるし何回も登ってるしね・・言い訳です)
アイスバーンと強風でハードパックされた新雪で雪面の色が違うから対応できたけど殺生小屋までは超急斜面で転ばないように心臓バクバクで降りてきました。小屋を過ぎれば余裕もできて思わず滑りながらニアついちゃいます。足プルプルで何回か休んみながらデブリ地帯を滑り抜けて標高差1100m位でした。

DSCF2166.jpg DSCF2168.jpg DSCF2172.JPG DSCF2195.JPG

2016シーズンスキー終了です。

馬場平のキャンプ場からはひたすらスキー担いで上高地まで春を観ながら五時間程の散歩道です。

DSCF2217.JPG DSCF2222.JPG

槍ヶ岳BCski 山登り編

GW休暇利用して槍ヶ岳槍沢スキー滑降してきました。今年はお天気がイマイチ安定しないので停滞予備日を含めて余裕ある日程くみました。

5/3
沢渡に車デポしてバスで上高地へ。いよいよスキー担いで穂高の稜線観ながら歩き始めます。明神〜徳沢〜横尾〜一の俣〜槍沢ロッジ。初日は軽めにノンビリユックリで槍沢ロッジにお泊まりです。ココは山小屋なのにお風呂が有るのでサッパリ出来ます。夕方からお天気が・・・

DSCF2076.JPG DSCF2085.JPG DSCF2096.JPG DSCF2104.JPG

5/4
朝起きると雨です。肩の小屋までの時間を考えると10時迄にやまないと停滞と決めてノンビリ雨待ち。幸い8時頃に降り止んで日が射してくれました。慌てて出発です。

DSCF2105.JPG DSCF2108.JPG

ババ平でやっとスキー履けたけどデブリ痕のデコボコで難儀します。標高が上がってくるとデブリは無くなるけど今度は当然斜度が増してきます。
穂先が見えだすと風もドンドン強くなってきてナカナカ近づけません。

DSCF2109.JPG DSCF2119.JPG DSCF2124.JPG

稜線直下の急斜面はシールでは無理なのでスキー担いでアイゼンピッケルで小屋めがけて直登です。強風で担いだスキーが煽られて風が来る度に耐風姿勢でやり過ごします。疲れて踏ん張りは効かないしビビりまくって一歩一歩ステップ確認しながら上り詰めました。飛ばされずに無事に着いてよかったです。

DSCF2128.JPG

槍ヶ岳山荘へ逃げ込んで滑降編に続きます

日焼け

朝からカンカン照りの中ひたすら登ります。直射日光と雪の反射は強烈です。
すでにオデコと鼻の頭はカサカサひび割れ寸前です。
アーバンライフではこの時期に異様な顔色のようであります。

1461481693691.jpg

春の立山BCski

立山室堂の山小屋のオープンとお天気のタイミング待って土日で行ってきました。今回はヒマ友と新メンバー二人加わり四名で。雪は少ないとは云え2450m迄来れば一面の銀世界です。

DSCF1985.JPG DSCF1986.JPG DSCF2025.JPG FotorCreated.jpg


土曜日は一の越から黒部湖側と室堂側をて滑ってきました。

DSCF1916.JPG

日曜日は浄土山方面登って滑りやすい薄ら新雪が乗ったザラメのオープンバーンで楽しく滑って遊んできました。

DSCF1979.JPG

何処迄が雪で何処から雲なのか??こんな処で飲むコーヒーは最高に美味しいのであります。

DSCF2012.JPG DSCF2016.JPG

リュックサック

4年前の誕生日に仲間からプレゼントしてもらったリュックサック。岩やエッジに擦れたり引っ掛けたりして何カ所か穴空いたり解れたりしてきてしまいました。リプレースのためイロイロ物色したけど思い入れも在るし性能もいいので同じシリーズOSPREY KODE42に。38から42へ細かいといころグレードアップしています。
このザック貰わなかったら山登りやBCski再開してたかな〜〜??感謝多謝です!!
残り少ないスキーシーズン二代目ニューザックでもう少し楽しむつもりで〜す。

DSC_3454.JPG

八方尾根BCski

八方尾根スキー場から更に上を滑ってきました。唐松岳山頂まで行きたかったけど2500m辺でデッカイ斜面が在ったので登りは終了〜。ハイマツの上でユックリ景色観ながらお弁当タイム。やっとこスキーの時間です。尾根筋を八方池山荘目指して谷に下りすぎないように登り返し無いよーに気をつけて滑ってきましたぁ。 しかーし雪少ないですね。

DSCF1872.JPG DSCF1867.JPG DSCF1865.JPG DSCF1871.JPG DSCF1852.JPG DSCF1880.jpg
Calendar
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99