第二セクション

オリンピックパークから北竜湖そして石段登って小菅神社。しっとりいいコースではあります。
北竜湖では三人が先回りして応援。アリガタヤ!!であります。

NEC_2168.JPG

暫く走ると石の階段が延々と続く続くその上湿ってヌルヌル滑って大変でした。
小菅神社チェックポイント無事通過。

NEC_2169.JPG NEC_2171.JPG NEC_2172.JPG

帰りは林間の落ち葉の中サクサク降りて第二セクション無事終了。

NEC_2173.JPG 写真 42.JPG

芝生の上で休憩と補給。距離的には後半分残ってるけど何となく完走は見えた様な(心さえ折れなければねー・・??)
三時頃なんだけどトップの何人かはモー全部走ってゴールしてます。私はまだこの先30キロ以上残ってるのに!!どーなってんだろか?あの人達の身体???

NEC_2174.JPG

第三セクションへ続く・・

ps,北竜湖から小菅神社は雰囲気あってのんびり一日かけてハイキングにはおすすめかも。

野沢温泉マウンテントレイル

毎冬区民スキー大会でお世話になってる野沢温泉スキー場へ真夏に走りに行ってきました。
海の日の三連休「4100Dマウンテントレイルin野沢温泉」って野沢温泉村の山々を走り回る大会なんです。

nozawaonsen_lmap.jpg kouteisa.jpg

第一セクションは(緑)村から毛無山山頂いって帰って来る。
第二セクションは(青)北竜湖から小菅神社行って再び村へ。
第三セクションは(赤)チャレンジコース右手に見ながら灯篭木峠。そして巣鷹湖からやまびこ駅まで登って帰って来る。
65km累積標高4100m制限時間20時間以内(朝7時スタートで翌日の3時まで)帰って来る。我々遅い選手は夜中も山の中ヘッドランプたよりに走るってことになります。

7時霧雨の中いよいよスタート。梅雨後半だけど空明るいし今日は晴れそうです。

写真 24.JPG

まずは村の中を一回り

NEC_2147.JPG 写真 25.JPG NEC_2149.JPG

唐沢ゲレンデの右側赤滝登山道を毛無山の頂上までまずは登ります。

NEC_2151.JPG

沢を何度か渡るし道はぬかるんで靴はすぐにドロドロ水浸し。クサリ場やハシゴはあるし道は滑るし気が抜けません。

NEC_2156.JPG NEC_2157.JPG

やっとこ毛無山の山頂で通過チェック受けます。

NEC_2158.JPG

やまびこDからEコース。やまびこ駅まで駆け下ります。

NEC_2160.JPG

やまびこ駅はやっとこ初めてのエイド。ここでは河野政男校長が道案内してくれてご挨拶。しっかり休んでこの先一番危ないエリアに突入です。

NEC_2161.JPG NEC_2162.JPG

赤テープは浮石だらけで「風ごうろ」って天然クーラ地帯でひんやり気持ちはいいんだけど緊張しっぱなし。岩は苔むして滑るしグラグラするし2-3回尻餅ついて痛かった〜。

NEC_2164.JPG NEC_2165.JPG

暫く行くとスカイラインに出て一安心。スキーならラクチンなんだけど延々この斜面走り降りるのは膝に来るので大変です。
この頃には陽も射して来て大汗かきながら唐沢ゲレンデからオリンピックパークで第一セクション完了です。

NEC_2167.JPG

第二セクションに続く・

目黒不動

ジョギングもツイツイ同じ道になりがち。たまには新しい公園探しに林試の森公園へ行ってみました。山手通りと目黒通りの交差点近く。うっそうと茂った森って感じの綺麗な公園でした。
帰り道に目黒不動を発見。都会の真ん中なのに何だか幻想的で立派なお寺でした。
お不動様→不動明王→空海→真言密教→高野山→荒行→役行者→山伏
あってるかどうか?こんなイメージなんだけど??

NEC_2103.JPG

bellと同じ気持ち

ヒッグス粒子発見!すばらしいですね!!ノーベル賞級の功績!!!
ニュースや新聞で紹介されて凄いことなんだな〜〜と聞いても???
なんのことやら?何がどー凄いのか??さっぱりん???

でも何だか凄いらしいですねぇ・・・
NEC_2090.JPG

待機

いぬはたいてい外で待たされます。見えるんですけどね。
中の様子が気になります。寝てもいられないしな〜。

NEC_2063.JPG NEC_2065.JPG

アンケート

返信ありがとうございます。集計そして分析。
理事会ではこれから暑くなるけどアンケート参考に頭の中でいろんなスキー滑りながら企画しますのでお楽しみに!!

NEC_2071.JPG

乗鞍天空マラソン

春/夏スキー最近ではバックカントリースキーとかで有名な乗鞍岳に走りに行ってきました。
コースは簡単。乗鞍エコーラインを観光センターからスタートして大雪渓まで駆け上がって(歩き上がって)同じ道を三本滝まで降りて来るってもんです。
標高1500mから2700m。私が走るには空気が少なくて上半分くらいは歩きでしたが・・・
天気は最高!!目的地もクッキリ見えてます。スタートではアルプホルンの演奏セレモニーもあって2000人チョットのおかしな集団が走り出します。

NEC_1987 のコピー.JPG

三本滝のエイドでは太鼓の応援。ゲレンデの上の方まで聞こえてました。

NEC_1994 のコピー.JPG NEC_1999 のコピー.JPG

位ヶ原山荘辺りから森林限界間近で木もまばらになって残雪が多くなってきます。
ここまでくると私たちレベルでは走れる人は誰もいないんです。

NEC_2000 のコピー.JPG NEC_2005 のコピー.JPG

後ろを振り返ると奥穂前穂さらに槍までクッキリ!ラッキーです!!

NEC_2013 のコピー.JPG

更に登ると雪壁が!

NEC_2011 のコピー.JPG NEC_2012 のコピー.JPG NEC_2022 のコピー.JPG

ひたすら登って折り返し地点。ホッとして地元おばさん達手作りの山菜をいただきます。

NEC_2023 のコピー.JPG NEC_2025 のコピー.JPG

今度はひたすら下りで膝や足が壊れないよーにセーブして周りの人達と話しながら無事ゴール。素敵なマラソン大会でありました。

NEC_2027 のコピー.JPG NEC_2033 のコピー.JPG

蒸しあづいぃ〜

ジョギング中に見つけた ・つ・ゆ・

NEC_1934 のコピー.JPG NEC_1943 のコピー.JPG

合格祝い

延び延びになってた準指導員合格祝いヤッと出来ました。
久しぶりも久しぶり数えたら13年振り合格者なんだそーです。シーズンも一段落してホッとしてるところにお祝い招集に20人程集まってカンパイしました!!

NEC_1931.JPG

ソウル・サーファー

観てきました!感動するよー
彼女のポジティブさと家族愛・・・泣けちゃいます。

たまたまベサニーの友達が来ていて終ったところで舞台挨拶よろしく「観てくれてありがとう」?ってな感じで挨拶してくれました。

NEC_1915 のコピー.JPG NEC_1916 のコピー.JPG
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64